分社化設立の㈱メディカルシャトー函館

さらに地域に根差した事業展開を目指す

白ゆりグループ㈱メディカルシャトー函館 代表取締役専務 白 川 直 哉 氏
函館本社:函館市美原2丁目50番2号 TEL 0138-34-3231 
http://www.shirayuri.gr.jp/

白ゆりグルーブとして13種30事業所を運営。地域の医療福祉介護に貢献する株式会社メディカルシャトー(本社札幌市、佐藤文彦代表取締役社長)が、より地域に密着した運営を図るため函館、北斗の複合型介護施設『ライフプレステージ白ゆり』シリーズおよび事業所を運営管理する株式会社メディカルシャトー函館として分社化設立した。同社代表取締役専務の白川直哉氏に分社化の目的とこれからの展開について語ってもらった。


「メディカルページ函館・道南版 2019年冬号」(令和元年11月12日発行)の冊子に掲載された記事です。

 

分社化の理由と目的を教えてください。

■代表取締役専務 白川直哉 氏

 ㈱メディカルシャトー函館は、㈱メディカルシャトーの100%子会社として令和元年8月29日に登記を済ませました。スタッフ全員に周知していますが、法人としてのスタートは12月1日を考えています。私は白ゆりグループ㈱メディカルシャトー函館の代表取締役専務となります。かねてより、渡島地区における事業は函館にて本社を置き運営したいという想いがありました。地域の皆様に支えられ、このたびライフプレステージ白ゆり乃木を新設することができ、渡島地区スタッフの数が250名を超え、スケールのある事業体となり分社化する運びとなりました。
 ㈱メディカルシャトー函館は、函館・北斗の全事業所を管理します。函館に3施設、北斗に1施設の4施設14事業所を展開させていただいていますが、各事業所の稼働率は90%超えとなっております。それだけ各事業所のチームワークが図れ、地域の皆様にも認められ、函館地区も札幌と同様の安定した運営ができています。
 これまで本社は札幌に置きながらも、渡島地区の地元の皆様方にも私たち白ゆりスタッフの頑張りなどを評価していただいてきました。函館市からも何の遜色もない運営をしてきたと評価をいただいていると我々は思っています。そうした背景もあり、分社化により本社を函館に置くことで、さらに地域に密着した運営をし、もっとたくさんの評価をいただけるよう一層努力して参ります。 

高齢者サロン『ふらっとDaimon』の運営も㈱メディカルシャトー函館が引き継がれるのですか?

 函館市からの委託業務『ふらっとDaimon』は明年が契約の更新年となり、委託業務先公募のプロポーザルに㈱メディカルシャトー函館として再応募させていただきました。おかげ様で、先日10月28日付で提案内容とこれまでの実績を高く評価いただき、各委員様による採点においても平均8割を超える点数が得られ、弊社が選定されました。引き続き、協業させて頂いております一条学園様、ボランティアの皆様、そして弊社担当スタッフ達とより良い運営を目指します。私も函館市高齢者大学大門校の学長を継続させていただきます。

分社化後に函館・道南地区で新しく展開される事業の計画はありますか?

 分社化後に函館・道南地区で新しく展開される事業の計画はありますか?
はっきりとした新しい複合型介護施設の計画は、今のところありませんが、労働力の確保と事業のグローバル化に向けて、札幌地区のライフプレステージ白ゆり新さっぽろでは、ベトナム人の技能実習生1期生がすでに研修を始めています。来年1月には函館地区でも2期生として受け入れを予定しています。
 分社化しても白ゆりグループの経営理念は変わりません。目指す方向は今まで同様、お客様に安心安全な生活を提供する。ワンストップで、どのような多様なサービスにもお応えできるよう邁進することには何も変わりはありません。
 ご家族から「白ゆりに入居をしている自分の両親が本当にいい顔になっている」と感謝のお手紙をいただくことがあります。そういうお声を函館・道南地区にてもっともっと増やしたいというのが私たち白ゆりの願いです。

白ゆりグループ函館市内3施設目の高齢者複合型介護施設「ライフプレステージ白ゆり乃木」

在宅支援サービス(訪問看護リハビリステーション)
施設入居サービス(介護付き有料老人ホーム)を管理者がご紹介

 

訪問看護リハビリステーション白ゆり
管理者 藤田聡子 さん

 訪問看護リハビリステーション白ゆり乃木は神山町のサテライト事業所です。ステーションから訪問看護と看護の一環としてのリハビリサービスで、利用者さまの全身ケアをさせていただきます。スタッフは看護師6名。リハビリ担当のセラピストは理学療法士4名、言語聴覚士1名の5名です。リハビリは、筋力の低下予防や転倒防止など、ご自宅での生活をサポートします。看護は全身状態、健康管理のサポートと医療処置が必要な時に医療ケアを提供します。
同じステーションからの看護とリハビリのサービス提供は、利用者さまの情報共有が早いんです。前回お伺いした時との違いを看護師からセラピストへ、逆にセラピストから看護師へと情報を共有し、必要なケアをできるだけ早く提供する対応を行っています。
 ご自宅で看護やリハビリ、ヘルパーなどのサービスを受けている方が、生活が困難になったり、ご家族が介護で疲れている時などには「白ゆり乃木には温泉付きのデイサービスも、ショートステイもありますよ」とお話することもあります。
 訪問看護は介護保険でのご利用だけではありません。終末期のがん患者さまや難病の方も医療保険で看護サービスを受けられています。また、訪問リハビリも医療保険でのご利用も可能です。
 保健師のように健康管理も含めて幅広く生活をサポートしていけるよう心掛けています。利用者さまはご自宅でどう過ごされたいのかというご要望をお聞きして、たくさんの選択肢を提供していきたいと思います。


ライフプレステージ白ゆり乃木
施設長 松田智也 さん

 介護付き有料老人ホーム白ゆり乃木は平成28年5月の開設で、4年目に入りました。一番の魅力は温泉付きの入居系施設ということです。今年6月にショートステイやデイサービス、訪問介護、訪問看護リハビリの在宅支援サービスの事業が加わり複合型介護施設となりました。直接介護の仕事に就いていないアシスタントスタッフも入れると職員数は50名を超えています。
介護付き有料老人ホームは、白ゆり乃木に限らず家庭的な雰囲気でサービス提供させていただいています。面会でお見えになったご家族が、お気付きになったことなどのご意見を現場のケアにつなげていくことを心掛けています。在宅生活が難しくなったというのが入居される一番の理由です。ご家族がご自宅での介護が難しくなってきたことで、お申込みいただいく。今すぐ入居したいというよりも、先々を考えてお申込みいただくケースも多くあります。
 ご高齢の方の楽しみは食事と温泉などのくつろぎ。白ゆり乃木では、食事も温泉も好評をいただいています。面会に来られたご家族にも希望があれば食事を提供しています。ご意見をいただくこともあり、日頃から検討を重ねメニュー構成をしています。
 白ゆりグループが目指してきたワンストップの介護サービスをそれぞれの拠点でご提供できるようになりました。そのため、私たち白ゆり乃木としても地域に根差した施設運営を継続していかなければならないと思っています。

(取材日:2019年10月21日・23日)


株式会社メディカルシャトー函館
函館本社:函館市美原2丁目50番2号
TEL 0138-34-3231
オフィシャルページ